インフルエンザも怖くない!リレンザの力

インフルエンザにかかってしまった男性とリレンザの画像

リレンザはインフルエンザの予防や治療ができる薬です。服用の仕方に少しコツがあるため、あまり小さなお子様には処方されないようですが、効果は抜群です。タミフルと並んで効果のあるインフルエンザのお薬ですので、みなさまも知っておくといいでしょう。

リレンザ服用の際のコツ

リレンザはインフルエンザの治療と予防ができる薬です。これまでの薬と違い吸入薬のため、服用の際にコツがあります。
インフルエンザのウイルスは人間の喉や鼻の粘膜から感染します。そして肺までの気道で繁殖をしてウイルスの数を増やすことで高熱や喉の痛みなどの症状が発症してしまいます。リレンザはウイルスが増殖する場所である気道に直接薬剤を吸い込むのでウイルスの増殖を即座に抑えることができることと、内服薬ではないため身体の中で吸収された後に腎臓での解毒などが行われないことで身体の他の臓器などに対して副作用が出にくいという特徴があることと、リレンザに対して耐性を持ったウイルスが発見されていないことからインフルエンザの治療薬として処方されることが多くなっているのですが、吸入薬を利用したことがある人はあまりいないため、慣れていないと吸い残しがあったりむせてしまうことがあり、特に高齢者や小さな子供の場合には吸入の際に注意が必要となります。
リレンザを吸入するときには、息を吐きだしてから吸入器を加え、早く深く薬剤を吸い込みます。その後、口から吸入器を離して2,3秒息を止め、ゆっくりと息を吐きます。一度だけで吸い込むことができない人もいるので、念のため2度ほど吸入を行うようにします。最初に息を吐きだしてから出ないときちんと薬が吸入できず、吸入後に息を止めないと鼻や口から薬剤がこぼれてしまう可能性があるため、この2点はきちんと行うことが重要です。また、小さな子供の場合にも一度では吸い込めないので、保護者が隣で吸い込みやすいように吸入器を平行にしたり、薬がちゃんと吸入出来ているかの確認を行うことが重要になります。