デジタコの導入で意外と見落としがちな事

運送業界やタクシー業界などに従事している人にとってタコグラフの設置というものが、最近は特に重要なキーワードとなってきています。国土交通省が近年増加し続ける交通事故抑制のために、中型以上のトラック全てに設置を義務付けるようになったので、下の子そのような決定は導入費用などがかかるところから頭を悩ます事業運営者も多いものですが、逆にこれは売上アップにつながるということも、期待できないことはないのです。というのも最近はアナログタイプのアナタコだけではなくて、デジタルタイプのデジタコも登場してきています。アナタコであれば、円盤状の紙を機械に入れることで記録されていくという形式でしたが、いちいちそのデータを読み取るための経験や知識などが必要に等といった点からあまり使い勝手の良いものではありませんでした。

しかしデジタルタイプのデジタコであれば、すぐに走行記録がデータとして記録パソコン上に記録されるため、いちいち日誌を書き写す手間などもなく等といった点で、人件費の削減などを期待することができるようになるのです。導入費用としては基本的に価格相場として一台あたり10万円から20万円程度かかりますが、機能などを適切に絞り込むことによって、5万円から10万円程度でも導入が可能です。よくインターネットなどで商品の情報などチェックしてみると機能などが絞り込める可能性もありますので、そうしたデジタコのチェックは怠らないようにしておきましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *