デジタコの導入の相談はどこにすればいい?

タクシー業界は運送業界などに従事していると、最近タコグラフの設置が義務づけられたということは、ご存知かもしれません。年々増え続ける交通事故を防止することや事故状況を把握するために、国土交通省は中型以上のトラック全てに設置を義務付けるようになったのです。タコグラフといっても、必ずしも安い商品ではありませんので、確かにこうした決定は事業運営者にとっては喜ばしいことではないという側面もありますが、見方を変えると新しい事業の効率化を模索するきっかけとも言えるかもしれません。というのも最近はタコグラフが大変利便性が向上してきているということがあり、デジタコ設置によって事業運営の効率化を図るということも不可能ではなくなってきているためです。

アナタコのように紙データが記録されていくという形式ではなくて、走行記録がデータとして記録されるようになります。デジタコのおかげで日誌などにいちいちデータをきちんと読み取って書き写さなければいけない等といった手間を避けることができるようになりますし、アナタコでは記録しきれなかった急発進や急ブレーキなどといった細かい情報まで記録されるようになるため、無理な運転をしているドライバーがいたら的確なドライビング指導を行うなどといった形で事業運営が効率化していくことも期待できるようになるのです。よくデジタコ導入の目的などを明確にし、機能を絞り込んでできるだけお得に導入して行けるようにしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *