デジタコの導入をする前に理解しておくべきポイント

タクシー業界運送業界に関わっている人であれば、最近中型以上のトラック全てにタコグラフを設置しなければいけないという義務化が決定されたことは、一度くらいは耳にしたことがあるのではないでしょうか。もちろんこれは年々増加し続ける事故を減らす目的で、国土交通省は決定している一面もあるものの、事業の効率化が目指しやすいためもあることは見落とすことはできません。というのも前に比べてタコグラフというものが、大変進歩発展を遂げてきている傾向があるためです。前のように円盤状の紙にデータが記録されていくアナタコだけではなくて、今はデータとしてクラウド上などに記録されていくデジタコも登場しているという側面があります。

クラウド上に保存されるため今までのようにその記録用紙を日誌などに書き写していく、等といった手間が必要ありませんし、いつでもどこでもそのデータにアクセスできるといった点でも大きなメリットがあります。またアナタコでは記録しきれなかった急ブレーキや急発進などといった細かなデータまで記録されるようになるため、デジタコで粗い運転をしているようなドライバーがいれば、事前に注意を促すことなども可能なのです。一度事故などが起こってしまえば企業の信用というものが失われてしまう可能性もゼロではありませんので、早めにしっかりとデジタコ導入していくことによって、運営を効率的に進めていけるようにするのがおすすめです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *