デジタコ導入ではそれぞれの種類の特徴を理解しよう

最近中型以上のトラックにタコグラフを設置しなければいけないということが、義務化されたことはご存知でしょうか。以前は大丈夫であったそうした範囲にまで、国土交通省は事故防止のために広げるようになったのです。その導入費用なども決して安くはありませんので、その費用の捻出に頭を悩ませる業界関係者も少なくありません。しかしながら最近はデジタコがかなり高機能になってきているという側面を考えると、事業の新しい効率化の一環として捉えることも他のではないと言えるでしょう。

何にせよその決定に従わなければ、事業停止などを受けてしまうということも考え合わせむしろメリットに目を向けて取り組んでいくのが賢明と言えます。デジタコというのは、ただのタコグラフではなくて、デジタルでデータとしてパソコン上に保存されていくタイプの、タコグラフのことです。ドライバーの走行状況を記録するという点では円盤状の紙に記録されていくアナタコとほとんど変わりはありませんが、いちいち書き写す手間などが必要なく等といった点で注目されるようになっています。常に合理的な決定を続けていくことができるようになるため、結果として売上などがプラスに働くということも期待できるようになるのです。

何しろデジタコは日記などに書き写す必要がないわけですので、わざわざそのために一日取り分の人件費を使わなければいけない、という事態も避けることができるようになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *