ドライブレコーダーはDIYでも取り付けは簡単です

公道や駐車場での自動車のトラブルを回避したり、証拠を残す際に役立つドライブレコーダーは、導入している方は年々増加中です。マイカーに取り付けておくと、煽り運転や前方での急ブレーキ、幅寄せや事故の証拠などあらゆる問題を綺麗な映像に記録することができるので、自分を守るという意味でも非常に役立ちます。ドライブレコーダーを購入しようとして、実店舗などに出掛けると、意外と高額な価格で販売されていることに気付くものです。別途工賃も掛かることになり、車種によっては工賃だけでも1万円程度掛かってしまうこともあり、節約重視で導入をしたい方は、ネット通販を利用すると非常に安上がりです。

ネット通販では前後カメラ付きの機種でも1万円以下で販売している機種が非常に多く、安い割に十分な機能性が付けられているので性能的な部分では大差はありません。商品説明を十分に読んでから、ネット通販で購入して自宅まで配送された後には、DIYで自分で取り付けを行うことも節約には大きく貢献できます。殆どのドライブレコーダーは、シガーソケットに差し込むだけで電源を確保することができ、ソケットの空きが無ければ増設用のソケットを購入するだけです。後はフロントの上部中央付近に本体を取り付けていき、ケーブルはルーフの内張の中に通していくだけなので簡単です。

内張り用の隙間明けツールもネット通販で安く購入できるので、同時に買っておくと内張りの中にケーブルを隠す作業はかなり楽に行えます。リアカメラに対しては、ルーフ内張りから左右どちらかの天井内張りを通過させ、最後にリア部分のルーフの中に余ったケーブルを全て隠す方法でスマートな設置を済ませられます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *