ドライブレコーダーは増設する使い方もあります

ドライブレコーダーはカー用品の中でも注目されるようになり、トラブルの未然の回避から、交通トラブルの証拠残しとしての目的では能力を発揮できます。実際に統計上ではマイカーに備えている車体が増えていることも現状でもあり、年齢層に関わらずに今では取り付けておくことが安心感を得るには抜群なカー用品として扱われています。購入はカー用品店の他、ECサイトからでも入手でき、特にネット通販の場合は実店舗で取り扱いが無い機種が多数あり、価格も低めの機種が多いので人気です。安い価格帯のドライブレコーダーでも、基本となる機能を備えている機種は多く、前後カメラ付きでも5、000円台から7、000円の範囲で売られているものも探せます。

このタイプの機種の多くは、フロントには液晶画面を搭載していて、数多くの機能の調整などを行えるようにしています。リア用のタイプは小型でシンプルなカメラが多く、コードをフロント用の本体に接続させるだけで簡単に設置できます。前後カメラ付きで安く売られている機種の場合は、車体により違いはありますが、複数のドライブレコーダーを購入して、増設させて使う方法もあり、元々が安いので金銭的な負担も感じることなく使えます。増設方法は非常に簡単で、シガーライターのソケット用の3連ソケットや4連ソケットを別途購入することで、何台ものドライブレコーダーの電源を確保できます。

敢えて増設を試みることの意味合いは、安い価格帯のリアカメラは品質は少し低めです。そのため、リア部にもフロント用を設置する方法や、付属のリアカメラは車体の横の両サイドの窓ガラス付近に設置をすることで、死角の無い環境を作り出せます。アイデア次第で設置場所を増設することにおいては、完全にマイカーと運転手のガードを行えるので効果的です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *