いざという時に自分を守ってくれるドライブレコーダー

車を運転している人にとって、普段からひやっとする瞬間は割とたくさん訪れます。いきなり狭い道から人や自転車が飛び出してきたり、後ろの車に車間距離を詰められるなどのトラブルは、日常的に起こり得ます。うまく回避できれば良いのですが、いつもそうとは限りません。ときには接触してしまったり、交通事故に発展するケースもあります。

事故を起こしてしまうと、警察を呼んで実況見分をするのが一般的です。その時などに後から役にたつのが、ドライブレコーダーです。煽り運転などがメディア等を通じて頻繁に取り上げられ社会問題に発展するケースが増え、ドライブレコーダーの重要性が認知されてきました。現在ではたくさんの種類が販売され、車の前方だけではなく後ろを撮影するものまでさまざまです。

設置さえすれば後は勝手に録画をしてくれるので、これといった操作の必要がないのも便利です。設置のみで使えるため簡単なのですが、その効果は絶大で、取り付けておいてよかったと後から心底ほっとするケースもよくあります。事故を起こしてしまったときには気持ちが動転して、記憶が曖昧になったり間違った認識を持ってしまうケースも珍しくありません。ドライブレコーダーで記録をしていれば、映像として後から見返すことができ、動かぬ証拠として客観的な指標になります。

主張が食い違っている時などは特に便利で、一目でどちらが言っていることが正しいのか分かるのもメリットです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *