ドライブレコーダーで煽り対策

近年は悪質な煽り運転が後を絶たず、ニュースでも目にする機会がしばしばあります。煽り運転は些細な理由や勘違いから凶行に及ぶこともあり、法律的な取り締まりも強化されていますが、やはり個人が自衛手段を考えることも重要です。自衛のための手段として有効なのは、ドライブレコーダーが挙げられるでしょう。特に前後の両方向を撮影できる機材なら、後ろから急接近してきた場合も、もちろん映像におさめられます。

このような撮影画像に写っていた人物や車のナンバーなどが決め手となって、犯人逮捕や裁判での勝利に結びつく可能性も低くはありません。ドライブレコーダーを搭載しておくと、リアから至近距離に接近した場合、カメラが目に入る可能性があります。すると煽り運転をして証拠映像をとられるリスクを考え、違法行為をやめる場合もあるでしょう。また厳罰化されているため、一発で免許が取り消しになる場合もあります。

ドライブレコーダーの映像で悪質な運転だと証明されると、煽り運転をしているドライバーの免許が取り消され、しばらく車を運転できなくなるわけです。近年のドライブレコーダーは取り付けやすくなっており、フロントならルームミラーの反対に設置可能など、運転中に邪魔になりにくくなってきました。機能も強化されていて、エンジン停止中にも撮影できる防犯カメラの代わりになる製品も登場しています。撮影データも古い順に自動で削除されるなど、嬉しい機能をもった製品も見当たりました。

ドライブレコーダーのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *