デジタルタコグラフでドライバーの労務管理を

デジタルタコグラフはトラックなどに取り付けられている走行記録装置の一種で、運転するトラックの位置・速度等を瞬時に把握する機能を有します。昨今のデジタルタコグラフは性能が著しく進化しており、走行データを会社のコンピュータに送ることにより、より安全で効率的・経済的な運転が可能となりました。渋滞情報や事故情報などを会社側で把握した場合、即座にドライバーへ迂回運転を指示することができたり、高速道路のサービスエリアで長時間停車している場合など、ドライバーの体調に異変がないかをしっかりとキャッチできる利点があります。とりわけ長距離を運転する人にとって、身体は大切な資本であり、長時間の運転はややもすれば眠気を誘い大事故にもつながりかねません。

デジタルタコグラフとコンピュータを連動させることにより、ドライバーの労務管理や安全運転の励行を促す効果が期待できます。今後の課題としては、運転手が休憩時間中にどんな行動をとっているか、いつ食事を済ませどのくらいの時間で眠気が襲ってきそうかなどを事前に知らせてあげられるようになれば、交通事故の削減にもつながります。まだ、デジタコは進化途中の段階にあり、これで一応の完成を見たという訳ではないと考えられます。デジタコのメーカーは毎年のように製品に付加価値を付け、より高度で高性能な商品を送り出しています。

会社側においても、従業員の労務管理・社内の生産性向上・潤沢な利益確保のため、デジタコを上手く活用することが期待されています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *