コストと手間を省けるデジタルタコグラフのメリット

タコグラフには、従来までアナログ式のモノしかありませんでした。アナログ式のタコグラフは、チャート紙を利用して環境を整え、ドライバーの協力を得てからチャート紙を提出してもらうという形でデータを確認できたものです。確かに、この方法を利用すればドライバーの運行状況を把握できますので、管理態勢をきちんと整えるためにも重要なものに見えます。しかし、実際に利用すると手間とコストが必要になるのも事実です。

そもそも、チャート紙を提出してもらったとしても、それをそのままコンピュータに取り込むことができるわけではありません。提出されたデータを別途移し替える作業が必要になりますし、それを行うための人員も必要になります。こういった面倒な問題を解決できるのが、デジタルタコグラフの大きな魅力です。デジタルタコグラフは、アナログ式のものと異なってリアルタイムでデータを送信できます。

これは、ネットワーク通信を利用した仕組みを導入しているからです。クラウドサーバーが存在するデジタルタコグラフでは、そこに直接的にデータを送信できますので、万が一ドライバーが非協力的な人物であったとしても問題なくデータを収集できます。また、データを移し替えなくてもそのまま閲覧することができますし、会社内部の人間と容易にそのデータを共有することも出来るため、コストや手間が必要になりません。コンピュータが万が一壊れてしまっても問題ないため、安心して使えるメリットがあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *