デジタルタコグラフを有効に利用するには

デジタルタコグラフを導入しても、単純に運行記録を取得しているだけでは効率的に利用しているとは言えません。様々な機能を網羅していることから、これらを効果的に利用することで従来に比べ運行管理を効率化することができるとともに、さらに企業イメージを高め安全性を確保することもできるので、積極的に利用することが良い方法となっています。しかし現在の運行方法に問題点があることを把握できず、その原因を明確にすることができないと言う会社も多いものです。その場合にはまず、デジタルタコグラフの最も大きな特徴である運行情報のデジタルデータを利用した状況把握をすることが最も基本的な方法となっています。

デジタルタコグラフでは、従来のアナログ式のタコグラフとは異なり運行情報がデジタルデータで記録されているためにこれをパソコンなどで分析をすることが容易となっていることが大きな特徴です。運行情報を分析するためのソフトウェアはタコグラフのメーカーなどで開発され販売されているほか、様々なフリーソフトなどでも簡単に行うことができるため基本的にはパソコンが1台あれば十分にこれの分析が可能となります。このデータを分析することで、走行ルートによる時間のかかり具合やドライバーによる様々な違いなどを確認することができ、業務効率化につなげることができます。デジタルタコグラフにはその他にも様々な機能が搭載されているため、これを利用して新たな運行方法を設定することも可能ですが、まずは運行状況分析することが非常に良い方法となります。

これを簡単に行うことができるのが、デジタルタコグラフの基本的なメリットです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *