デジタルタコグラフを導入するメリット

デジタルタコグラフはこれまでのアナログ式のタコグラフに比べてその価格が高額となることが多いため、特に多くの車両を保有する運送会社等では金銭的な理由から導入を控えるケースも少なくありません。法律で義務付けられている内容はあくまでも運行記録を把握する機能を搭載することであるため、安価なアナログ式のタコグラフを装着していれば問題はないと考えられる面があるためです。しかし昔に比べ道路状況が変化しているとともに、様々な問題を生じさせる可能性が高い現代の交通事情では、デジタルタコグラフの導入は単に法令を遵守すると言うだけではなく、様々な効果をもたらすことを知っておくことが必要です。デジタルタコグラフの多くは運行記録を取得する以外に様々な機能を保有しており、安全運行につながるものとなっているのが特徴です。

特にカメラと連動しその記録を取得することができる機能は、近年の煽り運転の問題やその他の様々な交通状況による問題を迅速に解決することにつながります。さらに、運転者自身の様々な健康状態を把握することも可能となっており、運転中のふらつきや走行ルートの記録をする機能なども保有していることが多いため、客観的に管理者が運行状態を把握することができることになるのもポイントです。デジタルタコグラフは外部の様々な機能と連携する面も多くなっているのが特徴で、これにより本来の業務を遂行するために外部から運転者に対して様々なサポートをすることができる仕組みも実現できます。安全運行を行うために、非常に有効な機能を持つと期待されているのがデジタルタコグラフです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *