デジタルタコグラフは運転マナーの改善にも役立つ

タコグラフは運行記録計と呼ぶもの、従来はアナログタコグラフが主流でしたが現在ではデジタルタコグラフが主流になっていて、1日の業務報告書を作成するときなど時間短縮が図れるメリットがあります。デジタルタコグラフなどの運行記録計は、1日の走行時間および距離、そして運転時の速度をリアルタイムに記録するもので、デジタル方式の場合はUSBメモリなどの記録媒体にこれらの情報が記録されているため、業務終了時にUSBメモリを抜いて営業所内にあるパソコンでデータを移動させたり、管理者に渡すなどで業務報告書を提出するのと同じになるわけです。従来型のアナログタコグラフの場合はチャート紙とも呼ばれる記録紙にグラフ上に3つの項目が記録されていて、その情報を解析する必要がありました。チャートの見方などは意外と難しいといわれており、ある程度経験を持つ人でなければその情報を把握することができなったようです。

これに対してデジタルタコグラフの場合は、専用のソフトウェアを使えばわかりやすい情報に加工ができますし、CSV形式でデータを保存できるため普段利用しているエクセルなどの表計算ソフトとマクロ機能を使えば取り出したい最適な形でデータを見ることができるなどのメリットもあります。さらに、ドライバーはデジタルタコグラフが搭載されているため、運転マナーも良くなるなど交通事故などのリスクを抑える効果を期待できるようになるといいます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *