ドラレコとはどのような装置でしょうか

ドラレコとは、ドライブレコーダーの略で急停止などで車に大きな衝撃が加わったとき、その前後十数秒間の前方映像と音声を記録する車載機器のことです。飛行機のフライトデータを元に、2005年から普及し始めました。ドライブレコーダーが記録した映像を見ることでどのような運転したのかがわかり、交通事故の詳細な状況を客観的に分析することができます。ドラレコとは主にカメラと記録装置構成されていて、吸盤で貼り付けるタイプやカメラをダッシュボードに固定するタイプ、ルームミラーに取り付けるタイプがあり用途によって選択が可能です。

ドライブレコーダーを設置するメリットは、事故現場を記録することによって自己防衛ができることにあります。事故は、監視カメラや誰の目も無い場所で起こることもあり、相手によっては嘘やデタラメを言うことも少なくありません。他にも態と車に衝突して慰謝料を請求してくるような、当たり屋もいます。ドラレコとはそういった時に1番活躍します。

周囲の状況や当て逃げされた時の車の特徴なども映像記録できるため、物的証拠になり警察や保険会社に提出することで処理をスムーズに行うことができます。自分が納得のいく結果に持っていくためにも、真実を記録できるレコーダーは必要と言えます。その他のメリットとしては、過去の運転を客観的に見ることで自分の悪い運転特性を把握し、安全運転への意識を高めることができます。また、常時録画するレコーダーなら、ドライブ時の映像を思い出として残しておくことにも役立ちます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *