ドラレコとは、総合的な録画機能を持つシステム

ドラレコとは、あおり運転対策の決定版というイメージがあります。実際に前方や後方の動画を記録することで、何が起きたのかを把握できるため、トラブル防止のため「ドラレコ搭載」といったステッカーを貼り、周囲の車両に注意喚起する方も増えています。ドラレコとは、どのような装置を搭載しているのでしょうか。あおり運転トラブルの報道では、トラブル前後の動画や音声がしっかりと記録されていることがわかりますが、これらは全て自動的に機能しています。

つまり運転手はなにもしていないのにトラブルを感知すると自動的に記録してくれるのが、ドラレコの特徴といえるでしょう。最も知られているのが、録画機能です。走行中の車両周囲の情報を保存領域に記録しており、車両外での会話も例外ではありません。記憶容量が一杯になると古いデータを上書きして記録していくため、常に新しい情報が保存されています。

万が一トラブルが発生したときは、別に用意されている保存領域やSDカードへ自動的に記録してくれるため、証拠として役立ちます。ポイントとなるのが、Gセンサーです。これは加速度センサーや加速度計と呼ばれるもので、車両の加速度の変化を常に感知しており、衝撃によって作動を開始します。衝撃を感知すると数十秒から長いもので数分前までさかのぼって記録を別の保存領域へと自動的にコピーします。

この加速度センサーの働きがなければ、ドラレコは単なる動画・音声撮影装置といえます。ドラレコとは、加速度装置を要とするシステムと言っても過言ではありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *