クラウド連携デジタコを導入するメリット

ドライバーの走行距離や運転速度などを記録する目的で使用されるデジタルタコグラフ、通称デジタコは、運送業界を中心に導入が義務化されつつあるシステムです。以前はデジタルに記録することができるというのが特徴でしたが、時代の進歩とともにクラウドデータとして記録するクラウド連携型のデジタコも開発されています。クラウド連携型デジタコには、通常のデジタルタコグラフにはないメリットが幾つか存在します。最も大きなメリットが、管理が非常に手軽で確実に行えるようになるというものです。

インターネット環境さえあれば、ドライバーからの報告を待つことなく、リアルタイムで勤務状況の確認を一括して行えるため、労務管理や配車状況などのデータをまとめることも容易になります。従来のデジタコからクラウド連携型に変更するだけで、一気に作業性や効率が上がるといえるでしょう。管理者にメリットがあるのはもちろんですが、ドライバーにとっても大きなメリットがあります。それは、配送報告などの漏れがなくなるという点です。

従来のものだと、記録したデータを一度アナログ紙に印刷して管理する企業がほとんどでした。しかし、それだと書類の紛失や、データの印刷し忘れなど、様々な人的ミスが発生する危険性もあります。場合によっては、ドライバーの勤務記録が消えるため信用が下がることも少なくありません。クラウドならそのような心配も不要となるので、安心して業務に取り組むことが可能になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *