デジタコで採用されるクラウドとは?

この記事では、デジタコで使用されるクラウドについて説明したいと思います。デジタコは、自動車の運行情報を記録する装置でトラックやバス、タクシーなどに装着が義務付けられている装置です。デジタコを装着すると、運行速度や走行上状況がデータにより把握することができ、安全な運行に役立ちます。クラウドとは英語で雲の意味があり、いわゆる大型サーバーのことを差します。

このクラウドとデジタコを合わせたものが最新のクラウド型デジタコです。クラウドは、音楽のストリーミングやソーシャルゲームをスマートフォンなどの端末からサーバーにアクセスしてサービスを受けることができます。トラックやバス、タクシーでは主にスマートフォンと同じ4G回線をしようしています。そのため、高速大容量のデータを常に送受信することが可能です。

4G回線は、ドローンの操縦などでも使用できるほどリアルタイム処理に適した回線なので、移動する車にもぴったりな回線です。この4G回線によって走行データや地理データやドライバーの情報などをサーバーで管理することにより、より安全な運転を支援します。それは以前の紙ベースのものとは別物で、データを活かして会社を経営することが将来の生き残りにも繋がってきます。そして、どれだけ多くのビッグデータを所有して活用できるかが大切になってきます。

サーバーのサービスも安価で使用できるため、機器を揃えれば誰にでも活用でき点もメリットです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *