クラウド型デジタルタコグラフ(デジタコ)を紹介!

従来のアナログ式デジタルタコグラフ(デジタコ)に代わり、現在ではクラウド式のデジタコが増えて来ています。クラウドなどのインフラストラクチャーから、ソフトウェアサービスまで手がける大手メーカーもこの手のデジタコを販売しています。クラウド式デジタコのメリットは、従来の運行管理や速度管理をクラウドによるリアルタイム処理することにより、より効率的な業務を行える点です。また、アルコール検知やタイヤの回転数による急発進や急停止などのデータを取得して分析することによりドライバーの安全運転に役立てることもできます。

このように、詳細にドライバーから走行ルート車両情報を取得することにより、従来は見えなかったデータを可視化することができます。データを可視化することにより、ドライバーの評価やルートの最適化、省エネによるコスト削減を行う事が可能です。データを開示することは、今後より厳しくなる安全規制にも対応することになり信頼される会社と認識されることにも繋がります。クラウドによる、デジタコは以前のように営業所が苦心して戦略を考える必要はなくビッグデータを駆使したAIを活用することが可能です。

AIを活用すると、自動運転時代を見据えた効率的な運転をドライバーと車両に与えることになります。すなわちAIは、無駄をなくし、コスト削減と効率化を究極に高める方法にもなります。それは、ドライバーの意識にも変化を与えることになり、より安全な運行も可能にします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *