クラウド化により実現するデジタコのメリット

法律改正により装着が義務付けられる車両の範囲が広がったこともあって、近年ではタコグラフの市場が拡大しています。中でも売り上げの伸びが著しいのが、デジタコです。デジタコはデジタルタコグラフの略で、従来はチャート紙に直接記録していた運行記録を、デジタルデータとして記録・管理できるようになっています。デジタル化されたことで速度の変化に加え燃料の減り具合、ドアの開閉など記録できる情報の量が飛躍的に増加し、管理業務の精度向上にいっそう役立つようになりました。

他にもデジタコのメリットはあります。その1つが、クラウド化の実現です。デジタルデータは通信ネットワークを通じてやり取りすることができるため、クラウドを利用することで遠隔地からデータを送信できます。これによって、さらなる業務の効率化を図ることが可能です。

クラウド化による具体的な利点は、リアルタイムでの情報管理です。従来のアナログ式の場合、記録されたデータは車両が車庫等に戻って来た後、チャート紙を回収しなければ確認できませんでした。しかしクラウドであれば、記録したデータをその場で送信することができます。しかも、専用サーバを確保するなど自らシステムを構築する必要がなく、インターネット環境さえあれば利用が可能です。

クラウドを通じてリアルタイムでデータを確認できれば、安全運転の励行などを遠隔地からでもただちに指示することができます。音声による注意喚起などもできるようになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *