クラウド型デジタコの強みはリアルタイム管理

デジタコはクラウド型へと進化しつつあります。従来のデジタコでは、運行記録をメモリーカードなどに保存していましたが、この方式だと運行記録はドライバーが帰社してからパソコンなどに取り込んで集計することになります。これの問題点は、リアルタイムな安全管理ができないということです。あくまでも、提出されたデータを分析して、後から安全指導などを行うということしかできません。

一方のクラウド型デジタコは、リアルタイム管理をすることが可能になります。車両に取り付けた計器から収集された各種の運行情報は、すぐにクラウド上に送られ集計されます。スピードを出し過ぎていたり超過勤務になっているようなドライバーがいたら、即座に注意をするということも出来ます。これにより、より適切にドライバーの安全管理をすることができるようになるでしょう。

クラウド型デジタコは、インターネット上のシステムを利用するので、自社のパソコンに何か特別なソフトをインストールする必要はありません。システムのアップデートなどもサービス提供側で全部やってくれるので手間がかからず便利です。クラウド型デジタコは非常に多彩な機能を備えているので、従来のアナタコのような単なる安全管理のための道具ではなくなってきています。業務を効率的に遂行するための経営に欠かせないツールになりつつあります。

たとえば、車両の状況をリアルタイムで把握できるようになるので、配車が効率よく行えるようになり、経営コストを大幅に圧縮できたという事例がたくさんあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *