クラウドを利用することでリアルタイムなデジタコ

運送業界やタクシー会社など車両を管理する会社ではデジタコを自社の車両に搭載することは常識になっています。これは法改正で義務化の流れもありますが、根本的には車両の運行管理が非常にやりやすくなっているからです。デジタコは、日々の車の利用状況を把握したり運行状況を管理するのに最適で、搭載するだけでデータを取得してくれます。デジタコでは実現できなかった業務を、管理者は取り入れることができるのです。

取得したデータをもとに、運行状況や車両の位置・各車両別の日報作成をすることも簡単になります。クラウドを利用してデジタコをよりパワーアップすることができます。Wifiを活用すれば、データをリアルタイムで管理部門は各車両の現在の状況をクラウドを通して把握できます。運行状況で、取引がある場所の最短な距離にある車両を振り向けることもでき、効率の良い配車が可能になるのです。

クラウドを通じて運転手の勤務状況を把握できますから、超過勤務の発生を防止することもでき労務管理をするうえでも有効なデジタコとなります。クラウドは、発信装置があれば良いので車両にデータを保存するスペースは必要ありません。よりコンパクトな機器で、リアルタイムな運行状況などを把握することができます。搭載した運転手もスピードなどを管理されるので、慎重な運行をするようになります。

安全運転を励行することができるのです。総合的な管理をするうえで、クラウドを活用することが管理する側でメリットが大きくなります。クラウドやデジタコのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *