デジタコ義務化によって業務の改善がアップします

国土交通省は運送業などに対して2014年に運行記録計(デジタコ)の義務付けの対象を拡大しており、そして平成27年の4月からは全ての新車にデジタコの義務化がされる事となり、既存車でも2年以内に取り付ける事を推奨しています。

この流れから見るといずれは運送業界の全車両にデジタコの義務付けという事になってきますので、対応策を早めに把握しておく事が大事です。デジタコの義務化によって大きなメリットが発生するとともに、事業者にとっては費用面での負担が大きいという点が課題となっています。しかし国土交通省が指定する機器の中には補助金がもらえる製品もありますし、何と言っても業務が大幅に改善できるというのは運送業界にとって大きなメリットです。

たとえ初期投資の費用が負担となってしまっても、業務の効率化や安全意識などと言った費用対効果が優れていますので、導入がおすすめできる理由でもあります。そして積極的にデジタコの導入を進めていきたいという考えの企業であれば、高性能な機種を導入する事で様々なメリットが生まれてくるでしょう。

義務化の流れにのって量販店などでは実に多種多様な商品が販売されていますので、ある程度のハイスペックの商品を導入する事で、クラウドでリアルタイムの状況判断や、効率的な配車状況の決定なども行えます。クラウド機能は現在地をGPSなどによって事務所内で把握できますので、何かのトラブルの時でも迅速に対応できるのが特徴です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *