デジタコの価格はニーズに合わせて選択する事が必要

デジタコとは車の走行時の速度や運行時間などの稼動状態を、メモリーなどに記録できるデジタル機器です。

このデジタコの登場によって特に運送業界での業務の効率化がアップし、稼動状態の安全面の改善などにも活用されるようになりました。各メーカーからこのような機器が販売されていますが、価格帯を見てみますと非常にピンから切りまであるのが特徴です。例えば必要最低限とされる法廷三要素を満たす事をメインとしたシンプルな機能の機器であれば、比較的安価で購入できるのが特徴です。

一方で多機能なシステムが搭載されている予防安全システムや、クラウド対応型などのデジタコも見受けられますが、価格は18万円以上という高額になるのがデメリットでもあります。基本的には社内のインターネット環境で活用できますが、ソフトの保守費用の価格やセットアップの費用が発生するケースもあるのが特徴です。

このようにデジタコの価格は機能によって様々な種類がありますので、事業所の規模や車輌の台数などで検討するのも1つの方法です。大規模な運送会社で数十台の運搬車を所有しているという場合なら、その台数分の費用が負担となりますので、費用対効果を把握した上で導入する事が求められます。低価格のデジタコであっても、従来手書きで行なっていた帳簿や日報といった部分がデジタル化されるだけでも大きな効率の改善ですので、会社の状況に応じて選択するのがおすすめとなっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *