価格の問題がつきまとうデジタコ等デジタルデバイス

貨物運送業、旅客運送業の車両に装着しなければならないデジタコ(運行記録計)ですが、これと様々なデジタルデバイスを連携させる動きが広がっています。

そのデジタルデバイスとはカーナビやドライブレコーダー、スマホなどの携帯端末などです。デジタコとカーナビとの連携により何が実現できるのでしょうか。カーナビの特性としては、GPSによる現在位置の特定にあるのではないでしょうか。運行中のトラックが現在どの位置を走行しているか、または荷物の集配をしているかが一目瞭然です。

ドライブレコーダーとも連携させると、トラックが走行している時の速度と距離と時間がデジタコにより判明し、その時刻の映像がドライブレコーダーにより判明します。事故があったり事故にならなくてもヒヤリハットの現象があった場合の状況が、GPSによる位置の特定と映像記録として保存されます。事故処理やドライバー教育に非常に役に立つでしょう。長距離トラックの運送会社の経営陣の悩みの一つが、ドライバーの運行管理にあると言います。

アルコールのチェックや暴走運転の取り締まりがなかなかできにくいことがありますが、複数のデジタルデバイスを駆使すればこの悩みも解決します。ただ高機能のデジタルデバイスを導入するには価格の問題が新たに発生してしまいます。低価格のものではうまく問題解決になりませんが、高価格のものを一度に何台も購入するのは難しいということがあります。国も補助金などで助けてあげれば経営陣もデジタルデバイスの導入を進めるかと思います。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *