デジタコは機能と価格をよく見て選ぶ

デジタコは様々な機能が付加されていることが多く、その価格もそれぞれ異なるため、選ぶ際には迷ってしまうことが少なくありません。

特に運送会社などで多くの車両に同時に装着をすることを考えた場合、できるだけ価格が安いものを利用したいと考える傾向があります。しかしデジタコは従来のアナログタコグラフとは異なり、単に運行情報を記録するだけではなく様々な運行管理に役立つ機能を搭載していることから、これが自社で業務上どのような効果を示すのかを十分に検討した上で選ぶことが必要となっています。

例えば従来のタコグラフでは、単純に走行距離や走行状態などを後で把握することができるものにとどまっていました。またこれは国土交通省から義務付けられているものでもあるため、必要最小限の費用で済ませたいと言う場合が多かったものです。しかし、デジタコの場合には高度な運行管理を行う機能が多数網羅されている場合が多く、例えば外部カメラ等と連動して走行中の周囲の状況などが把握できたり、通信回線を所有していることにより様々な運行状況をリアルタイムで把握することができるなど、運行管理に非常に役立つ機能が網羅されています。

これを利用することにより大幅な業務効率化を図ることができるので、購入価格は高額であっても、その費用対効果により最終的には様々な経費の削減につながる可能性もあります。デジタコを導入する場合には、これらの効果も十分に考慮することが必要です。そのため単に価格だけで選ぶのではなく、総合的な費用対効果を十分に考慮して選ぶことが必要となっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *