価格も手ごろで高性能なデジタコ

デジタコはトラックやバスなどに搭載して走行時の速度や時間、距離などを記録する装置です。

ドライバーの安全管理や業務の効率化、車の性能や燃費などを知る目的で搭載されていますが、これにはさまざまな種類のものがあり価格も違います。価格や性能で目的にあった製品を選び取り付けることが必要です。一般的によく使われるデジタコは単機能型のもので、SDカードやUSBに車の運転時の時間や速度、走行距離などを記録します。

また最近はクラウドを利用して、今現在走行している車の走行状態をリアルタイムに会社で見ることができるものの登場していて、運転者単体での運行管理がスムーズに行うことが可能になっています。価格が10万円前後のものはこれらの機能以外に、走行状態を動画で見ることができるドライブレコーダーの機能を搭載しているものもあり、ふらつき運転や車線逸脱を警告するものもあり、他にも前方を走っている車との車間距離や制限速度を計測して異常を感知すると警告をする、事故を未然に防止する機能があります。

ドライブレコーダーの画質をきれいで視野が広く、前後4台のカメラを搭載していて、雨の日でも鮮明な動画を撮影できたり、免許証の不携帯や期限切れを通知する免許証リーダー搭載などもあります、このようにデジタコにはさまざまな機能があり多くの種類があり、価格も10万円ぜんごから5万円程度のものがあり、値段と機能から目的にあったものを選ぶ必要があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *