デジタコの価格相場とは

近年では、トラックの長時間・長距離運転が問題になっています。

長距離を長時間の運転は死亡事故や重傷・軽傷の事故の増加につながっています。そんな状況を把握して安全に走行してもらうために義務化されたのが、デジタルタコグラフになります。デジタルタコグラフ、略してデジタコは自動車運転時の速度・走行時間・走行距離などの情報をメモリーカードなどに記録するデジタル式の運行記録計です。その上で瞬間加速度や燃費の測定、運転支援機能、遠隔地でのリアルタイムな運行管理など様々な機能が備わっています。

そんなデジタコの価格は搭載機能によって価格は大きな差があります。速度・走行時間・走行距離に加えてドライブレコーダーと一体になったものなどがありピンからキリまでとなっています。人気のモデルの相場は、平均的に178000円ほどになります。デジタコは、連動させる運行システムの導入費用や、インターネット回線の使用、クラウドの使用などによって月額料金もかかります。

デジタコを導入する際には、本体価格だけではなく他のシステムの料金も考慮した上で選ぶことがポイントです。価格は機能によって変わってきますが、何を重視するかによって選び方は変わります。安全性を重視したいなら、高価でもドラレコと一体になっているものであれば安全管理を徹底しやすく、操作性を重視するならできるで文字が大きくシンプルで操作しやすいものを選びます。できるだけコストを抑えたいのでれば、速度・時間・距離に特化したシンプル仕様のものがおすすめと言えます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *