デジタコの価格と費用対効果

デジタコは義務化が進んでいるとはいえ、普及率はそれほど多くなく特に中小運送会社の導入実績が低いです。

この理由に価格が高いことが問題になっていて、色々な機能が備わっている最新型だと運行管理システムと連動させると1台が300、000円程度はします。数十台のトラックを所有していて全てに備えるとなると数百万円の費用がかかり、それが難しい運送会社は多いです。価格が高いデジタコですが実は費用対効果も期待出来て、搭載している車両の運行状況を正確に記録します。エンジンの回転数を記録する経済運転度を点数化してくれる機器もあり、ドライバーは厳しい見張りがついていると感じますからハンドルに向かう時の意識も変わってきます。

中でもアイドリングは燃料費に影響を与えますが、これも正確に記録するので頻度が高いドライバーへ直接指導が出来ます。デジタコを導入して改善出来る燃費は10%程度と言われていて、月間で100万円の燃料費が計上されているなら年間だと120万円の燃費削減も可能で、数年で導入費も回収出来て削減額は利益にすることも可能です。GPS機能を搭載したデジタコはそれなりに価格がしますが、これも管理者はドライバーが何処にいるかリアルタイムで把握出来ます。

急に依頼業務があった場合、最短距離にいるドライバーに担当してもらうことも可能で、業務の効率性がアップすればこれまでにない利益も生み出します。巨額の賠償金が必要な事故の発生を減らせるメリットもあって、もし導入してないと社会的な信用を得にくくなってくるかもしれません。金額だけを考えないで、長い目で費用対効果も見ていくと費用はかかっても得られるものは大きいです。デジタコは義務化が進んでいるとはいえ、普及率はそれほど多くなく特に中小運送会社の導入実績が低いです。

この理由に価格が高いことが問題になっていて、色々な機能が備わっている最新型だと運行管理システムと連動させると1台が300、000円程度はします。数十台のトラックを所有していて全てに備えるとなると数百万円の費用がかかり、それが難しい運送会社は多いです。価格が高いデジタコですが実は費用対効果も期待出来て、搭載している車両の運行状況を正確に記録します。エンジンの回転数を記録する経済運転度を点数化してくれる機器もあり、ドライバーは厳しい見張りがついていると感じますからハンドルに向かう時の意識も変わってきます。

中でもアイドリングは燃料費に影響を与えますが、これも正確に記録するので頻度が高いドライバーへ直接指導が出来ます。デジタコを導入して改善出来る燃費は10%程度と言われていて、月間で100万円の燃料費が計上されているなら年間だと120万円の燃費削減も可能で、数年で導入費も回収出来て削減額は利益にすることも可能です。

GPS機能を搭載したデジタコはそれなりに価格がしますが、これも管理者はドライバーが何処にいるかリアルタイムで把握出来ます。急に依頼業務があった場合、最短距離にいるドライバーに担当してもらうことも可能で、業務の効率性がアップすればこれまでにない利益も生み出します。巨額の賠償金が必要な事故の発生を減らせるメリットもあって、もし導入してないと社会的な信用を得にくくなってくるかもしれません。金額だけを考えないで、長い目で費用対効果も見ていくと費用はかかっても得られるものは大きいです。
デジタコの価格のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *