デジタコは価格が高いがメリットもたくさんある

行政当局はデジタコの導入を奨励していますが、導入していない運送会社も多く存在しています。

設置がなかなか進まない背景には、やはり価格が高いということがあるでしょう。デジタコを1つ購入するだけでも、20万円から30万円くらいはかかると言われており、設置する車両の台数が10台・20台となってくれば、数百万円単位のお金がかかってくることになります。これだけ価格が高いと、設置に二の足を踏む会社が出てきてもけしておかしくはありません。ただし、デジタコ導入はコストがかかるだけではないことは、運送会社の人は知っておくべきでしょう。

導入することで様々なメリットを享受することができるという側面もあります。上手くすれば導入価格を上回るだけのメリットを得ることもできるでしょう。例えば、デジタコを導入することで、車両の燃費を向上させることができるかもしれません。タコグラフを導入すると、エンジン回転数やアイドリングなどを正確に把握することができるようになるため、そのデータを元にドライバーに運転改善指導を行うことで、より経済的な運転ができるようにすることができます。

実際にタコグラフを導入して運転指導を徹底したところ、燃料費を1割も削減できたという事例があります。他にも、デジタコではGPS機能で車両の位置を正確に把握できる機能もあったりするので、保有車両をより効率的に働かせされるようなり、売上げアップも期待できます。このようなプラスの側面に注目すれば、導入に前向きになる企業も増えるはずです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *