デジタコの価格は基本的に高額

現在、普及が進んでいるデジタコの価格はこれまでのアナタコと比べると高いです。

アナタコは5万円から7万円台が一般的で、デジタコの価格はドライブレコーダー機能付きだと10万円から20万円ぐらいとかなり高額になります。ただ、シンプルな機能があまりついてないなら5万円台の製品もありますが、機能が限定されるため運転や運行管理担当者の残業時間を削減するのが目的なら、コストはかかります。デジタコには安価なものから機能が充実した高いもので色々なタイプが揃ってます。

高いものほど多機能になりますが、運送会社にとってどの機能が必要で不要かを確認して検討しないと、使わない機能が付いていて費用ばかりかかってしまう恐れもあります。トラック一台だけならともかく、数十台ともなると高いものだと揃えるだけで数百万円はかかります。業務効率化や安全な運行を実現させるには多機能な方が効果が高いですが、コストが増えることは避けられません。

時期にもよりますが国やトラック協会などでデジタコ導入で助成金や補助金も出ているので、これを活用すれば多少価格が高くても設置することも出来ます。導入を検討しているなら自社に必要な機能がある製品を選んで、それで助成金などがあるかを確認してみるのがおすすめです。平均額の相場は17万円前後で最低限の記録だけ出来ればいいなら5万円程度から販売されてます。勿論、もっと機能が良きものがいいとなると高額なものは30万円ぐらいします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *